機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ

Mobile Suit-モビルスーツ-

Mobile Suit PICK-UP

第38話で巨大兵器のモビルアーマー「ハシュマル」と死闘を繰り広げた「ガンダム・バルバトスルプス」をPICK UP!


ガンダム・バルバトスルプス

GUNDAM BARBATOS LUPUS
ASW-G-08

正面 背面

正面 背面

プラモデル
機体解説
エドモントンの地における激しい戦いの後も、バルバトスはパイロットの三日月・オーガスとともに鉄華団の最前線に立ち、数多くの戦闘を乗り越えてきた。
その度に機体の損傷は蓄積し、鉄華団の整備士では修復が困難な状態にまで陥っていた。
バルバトスは一時的にテイワズの本拠地「歳星」のMS工房に預けられ、オーバーホールを受けることになる。
その際、三日月・オーガスの戦闘データをもとに、機体の反応速度および機動性の向上が図られ、「阿頼耶識システム」を通じてより一層パイロットの感覚にモビルスーツの挙動を近づける調整が行われた。
同時に武装一式も三日月の戦闘スタイルに合わせて再構築がなされ、完成したのがこの「ガンダム・バルバトスルプス」である。
軽量の装甲ながら、曲線を多用することで、被弾時の衝撃を最大限受け流すように計算され、設計されている。
近接戦闘を好む三日月の機体としては、敵機に近接するまでのダメージ軽減は重要な課題となっていた。
Weapons
[ ソードメイス ] ソードメイス
「バルバトスルプス」への改修に合わせ、機体の機動性を殺さない形状、重量の装備としてテイワズの技術者が開発した近接兵装。
[ 腕部200mm砲 ] 腕部200mm砲
収納時は砲身を後方に向けて格納が可能。使用時に回転させて前方に展開する。発射時の衝撃はレールスライドが吸収し、機体制御に与える影響を最小限に留めている。
Mobile Suit Status
機体名称: ガンダム・バルバトスルプス
型式番号: ASW-G-08
全高: 19m
本体重量: 31.2t
パイロット:
関連商品

HG MSオプションセットシリーズでさらにカスタマイズ!

第26話初登場時に印象的だった腕部200㎜砲、第28話「夜明けの地平線団」との戦闘にも装備した小型メイスは、「HG MSオプションセット5&鉄華団モビルワーカー」に付属!「HG ガンダムバルバトスルプス」とカスタムして再現可能!また、その他のHG MS オプションセットシリーズともカスタマイズすれば様々なバリエーションの武装を楽しめます。

ガンプラ「鉄血のオルフェンズシリーズ」の詳細情報はバンダイホビーサイトをチェック!

Mobile Suit List

ガンダム

  • ガンダム・バルバトスルプス
  • ガンダム・バルバトスルプスレクス
  • ガンダム・グシオンリベイクフルシティ
  • ガンダム・ヴィダール
  • ガンダム・フラウロス

モビルスーツ

  • 獅電
  • 獅電改シノ機(流星号)
  • 雷電号
  • ランドマン・ロディ
  • ユーゴー
  • ガルム・ロディ
  • グレイズリッター(マクギリス機)
  • シュヴァルベ・グレイズ(石動機)
  • レギンレイズ(ジュリエッタ機)
  • レギンレイズ(イオク機)
  • レギンレイズ・ジュリア
  • ゲイレール
  • ゲイレール・シャルフリヒター
  • フレック・グレイズ
  • ジルダ
  • ヘルムヴィーゲ・リンカー
  • 辟邪

その他

  • ハシュマル

艦船

  • ホタルビ

PAGE TOP